定価最大90%OFF!【業務用】【中古・新品】製氷機

製氷機 コールド 縦型冷蔵庫
下部ライン画像
定価最大90%OFF!【業務用】【中古・新品】製氷機

総 71件

並び替え  価格 商品名 製造元
   
                                               
厨房機器ご購入の際の注意点
単相100Vプラグ 三相200Vプラグ
単相100Vプラグ画像 単相100Vプラグアースピン 三相200Vプラグストレート 三相200Vプラグ フック
単相100Vと表示されているプラグ形状。家庭でよくあるコンセント。業務用の厨房機器では、あまり電力を消費しない製品に使用されています。 単相100Vには、画像のようにアースピンが付いた3ピンプラグもございます。変換アダプタ―を取り付けて、2ピン仕様にすることも可能。 上の画像のように、三相200Vと表記してある製品は4ピンプラグです。大型製品など、電力を多く利用する製品に使用されています。 画像は、フック型の三相200Vプラグ。厨房施設のコンセントが、ストレート型かフック型か確認してください。

冷蔵庫やショーケースなどの電源プラグ形状は要チェックです。
異なる電圧では機器類は作動いたしませんので、よく確認しましょう!

都市ガス専用品 プロパンガス専用品
都市ガス ←地域によって、ガス種が異なります。店舗地域のガス種をよく確認してください。※13Aという表記は都市ガスです。 プロパンガス 左画像はプロパンガスを意味しております。
※ガス管からの取り外し及び接続は、お近くのガス業者様へお問い合せ下さい。
ガス種が異なる製品を無理やり使用することは大変危険です。
ガスレンジやフライヤーをご検討中の方は、都市ガスかプロパンガスかをよく確認しましょう!
ガス管への接続等はお近くのガス会社へお問い合せください。

梱包について その他
木枠梱包 フォークリフト ガスブースター 食器洗浄機 周波数
ショーケースなどガラス部分が多い大型製品などは、右画像のように製品保安上、木枠梱包をして出荷する場合がございます。※別途梱包費用が掛かります。 遠方のお客様への大型商品、例えばリーチインショーケースなどの配送は、基本的に車上軒先渡しとなりますので、荷下ろしの際には、左画像のようなフォークリフトなどの重機をご用意くださいませ。 食器洗浄機は、基本的に給湯器からの給湯が必要です。ブースターがない食器洗浄機は、単独接続で16号以上の給湯器が必要となります。※ブースター付きでも、給湯が必要な機種がございます。 東日本は50Hz、西日本は60Hzが基本です。店舗がある地域の周波数をご確認ください。※50/60Hz共用の製品もございます。

業務用製氷機の特徴・選ぶときのポイント

 ジュースやアルコールなどの提供物だけでなくアイスベット用・お魚やお肉の鮮度を保つために使用したりと用途は様々な業務用製氷機。種類も用途に合わせて様々!

 一般的に最も多く利用されている、「キューブタイプ」レストランや喫茶店、ラーメン屋さんそば屋さんなどなど!
とにかく最も多く使用されているメジャーなタイプがこちらになります。
サイズも色々1日の製氷能力が最少タイプが20Kgタイプ25Kgから35Kg、45Kg、55Kg、65Kg、75Kg、95Kg、100Kg以上のものまでございます。
店舗様の規模によりお選びくださいませ。目安は店舗様座席数の2倍の製氷能力を!なんてことも言われております。(20席程のお店様であれば45Kgタイプがいいか!などなど)
氷のイメージ  他にも氷の粒が細かくアイスベッドなどで使用される「チップアイスタイプ」
 シャリシャリの雪の様な粒の氷ができる「フレークアイスタイプ」氷の形状は特殊ですが、使い方によっては大変役に立つ製氷機でございます。 氷のイメー
氷のイメージ  通常のキューブタイプ氷よりも2回りくらい大きい氷が出来る「ビックアイスタイプ」
演出用としてアイスピックでカチカチかち割ることで、よりいっそうお客様の気分も高まること間違いなし。
 コップで押すと氷とお水が同時に出る良く飲食店なんかで見かける「チップアイスディスペンサー」 氷のイメージ
 如何でしょうか。多種多様な業務用製氷機たち!どの製氷機か迷ったらヤマチューにご相談ください!
品数豊富・格安にてご提供させて頂きます!

メール:info@i-yamachu.com
電話:0120-198-333

よくある質問

Q
氷の種類にはどのようなものがありますか?
A
氷の種類は大きく分けてキューブタイプ・チップアイスタイプ・フレークアイスタイプ・ビックアイスタイプなどがあります。
ドリンク類を多く使用する飲食店様ではチップアイス、魚屋さんなどではフレークアイスタイプを使用します。
グラスに大きな氷を使用する店舗様はビックアイスタイプを使用します。
多くの飲食店様で使用されているアイスタイプはキューブタイプになります。
Q
どのくらいのサイズタイプの製氷機を選べばよいかわからないのですが・・・
A
製氷機のタイプは25Kgタイプから400Kg以上のタイプと幅広く選ぶのは大変です。
一つの目安として座席数の2倍の製氷タイプを選ぶと良いとされています。
例えば座席数が10〜12席程度だと25Kgタイプ、25〜30席程度ですと55Kgタイプを選ぶ基準にして頂ければと思います。
※あくまで目安の為、飲食店様の業種によります。参考までに!